« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

2012年9月

デュオ・コンサート終了、

昨日、コンサートにお越し頂いた皆さま、本当に有り難うございました。

本番2日前までは予約が10名…という状況で、マスターも「ま、当日のお客さんに期待しましょう‥」と、ほぼ諦め状態。

しかしフタを開けてみれば当日は満席、補助椅子も出して、何人かはお断りも余儀なくされ、とにかく盛況になって良かったです。

クラシックギター(しかもデュオ‥)なんて初めて聴く方も多く、そういった方達にも喜んで頂けたみたいです。

さてコンサート内容は‥、この日ちょうど個人的には御意見番としても信頼を置けるI氏が聴きに来て下さり、氏のブログに書いてあるので、そちらをどうぞ↓

http://d.hatena.ne.jp/ango_net/20120930/1348968595

| | コメント (0) | トラックバック (0)

デュオ・コンサート、

Ivent_1今度の土曜日、9月29日(土)に演奏します。

今回は同門でアメリカから帰国したばかりの、児玉さんとのデュオ・コンサートです。

「愛の挨拶」のような定番曲から、日本唱歌などをギターアレンジしたもの、耳馴染みのある曲を中心にクラシックギターの魅力をお伝え出来ればと思っています。

会場は美味しいコーヒーが飲めると評判のカフェ「Andante375」です、皆さまのお越しをお待ち申し上げております。

2012年9月29日(土)

クラシックギター・デュオによる「名曲コンサート」

町田市 カフェ「Andante375」(JR横浜線成瀬駅下車徒歩1分)

開演:18時00分(開場:17時30分)

料金:2,000円(1ドリンク付き)※予約優先

演奏曲:愛の挨拶、カノン、ファンタジー54bis、浜辺歌、椰子の実、ゆりかごの歌、あんたがたどこさ、海、ティコティコ、プリンク・プランク・プルンク、他

予約・お問い合わせ:カフェ「Andante375」

電話&FAX:042-796-1565

ホームページ:http://music.geocities.jp/andante_375/

| | コメント (2) | トラックバック (0)

初めての韓国、

Photo_2今月の7日~10日まで、韓国の演奏ツアー(2都市2公演)に参加してきました。

生まれて初めての韓国でしたが、ホテルやレストランは日本語表示も多く、ショップの店員も日本語が堪能、とても過ごしやすかったです。

個人的に印象的だったのが焼き肉、日本と違って店員さんが焼いてくれる、丁度良い具合でひっくり返してくれる、一口大に切ってくれる、こっちは見ているだけで、あとは焼けた肉をお口の中に放り混むだけ‥、それが今までに食べた事がないくらいに美味しい!この時は豚肉でしたが、実はお肉って豚が一番美味しいんじゃないかって思う程でした。

コンサートでは、これまた韓国人の反応が熱い!ノリの良い曲や盛り上がってくると「ブラボー!」とか「ウォー!」とか‥、見た目は日本人とさほど変わらないけど感情の表現が全然違う。アンコールでは拍手から手拍子に、演奏者がもう1曲弾くまでは全然ひるまない、2公演したけれど両方とも同じ反応でした。

まあ、確かにあれだけ美味しいお肉を食べて、毎食キムチを食べていたら(お粥にもキムチ‥)、基本テンションも高めになるんだろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アコースティックカーニバル2012終了!

Dscn2859s今年も沢山の方に来て頂いたアコースティックカーニバル、おかげさまで大変盛り上がったイベントになりました。

そして、今回は特にお客さんの反応が分かりやすくストレートだった気がします。熱狂的な拍手、暖かい拍手、などなど‥。演奏者にとっても良い刺激になったんじゃないかと思います。

これまでこのイベントを9年間続けてきて、感動する演奏にも色々ある事がアンケートや感想などを通してだんだん分かってきました。

プロの素晴らしいテクニックや音楽性はもちろん、アマチュアしかも初心者であっても、一生懸命演奏するその直向きな姿勢にもまた、人は心を動かされるみたいです。

共通して言える事は「真剣である」という事で、これは演奏者だけでなくお客さんも真剣に聴いて下さっている証拠なんだと思います。

アコースティックカーニバル2012にお越し頂いた皆さま、スタッフや出演者の皆さま、本当に有り難うございました。

来年は10周年です、アコースティックカーニバルも何か節目となる様なイベントにしたいと思っています。

宜しく願い致しますm(_ _)m。

さてさて、恒例になった開演前までの特典映像が出来ています、今年の裏方はこんな感じです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »